おすすめリンク

中古トラックの価格帯

中古のトラックはどれぐらいの価格帯で販売されているのかを知っておくと選ぶときに楽になります。

減額対象について

住んでいるエリアによって、車は1人1台が当たり前になりつつあります。生活のアシにもなるので、なくてはならないものです。しかし毎日の様に乗っていると自然と傷がついてしまう、またはこすれてしまうケースもあります。
一般的に車はメンテナンスをしていれば15万キロ程は走ります。それ以上乗っても問題はありませんが、様々な部分にガタがきて車検が高くなってしまう事もあります。その際に今乗っている車を売却し、新しい車に買い替えます。
売却はどの様な流れで行われるのでしょうか?まず売却を考えているのならまず買取店をリサーチします。民間企業が買取してくれる買取店、正規のディーラーとありますが買取店が一般的です。
目星を付けたら査定申込みを行います。お店によっては出張査定も行っているので、必要であれば相談してみましょう。担当者による査定が行われます。金額について双方が納得出来るまでしっかりと話し合い、少しでも不明点や不安があるなら保留にしても構いません。尚、手続きを進める為に車検証などが必要になりますので、事前に担当者へ必要な書類を確認しておく事をおすすめします。これらの手続きを代行してくれるお店もありますが、流れを知る為にも出来る限り自分でやるのがベストです。手続きが済んだら車を手放すのみです。その後、代金が入金されれば取引は完了です。代金については現金手渡しをしてくれるところもあるので、事前に相談してみましょう。

車売却の流れ

ドア周りの傷が減額対象になるのは理解出来ますが、傷の具合によってどのくらいの減額幅が設定されているのでしょうか? また傷の種類や場所によっても減額状況が異なるのかにスポットを当てて紹介していますので、車の修理を検討されている方は参考にして見て下さい。

整備担当者はココをチェックしている?

傷がついてしまったので、何とか整備士の目をごまかして高価買取して欲しい。そう思うのなら、まず整備士がどこをチェックするか確認してみましょう。 プロは外装だけではなく内装やエンジン、車の性能をしっかりと確認しています。これらを知れば少しは高価買取に近づけるかも?

高価買取を目指すならやってはいけない事項

車を売る際に、ついついやってしまうNG事項について紹介しています。良かれと思ってやった事が、実は査定額を下げているなんて悲しいと思いませんか? 知識の無い方にも出来るだけ分かりやすく紹介していますので、車を売却する前に一度チェックしてみましょう。